上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
日時:2008年1月30日(水曜日) 19:30~
場所:鹿屋市中央公民館

去る2008年1月30日(水曜日)に、エクステンションレクチャー(公開委員会)が開催されました。エクステンションレクチャーとは、このまちの正確で最新の情報を、そのジャンルのスペシャリストに直接聞き、確認し、学ぶ場であり、それにより我々は現在の問題点と未来のまちづくり構想の方向性を明確にすることができます。内容的にも一つの委員会だけで聞くにはもったいないと、全会員に参加を呼びかけるように致しました。

304134_1202931714.jpg
開会宣言のあと、松下健太郎理事長による挨拶がありました。まず講師の依頼にたいして快くお引き受けくださいました、鹿屋市市民環境部環境政策課 南野辰哉課長に感謝の言葉を述べた後、今日参加したメンバーに今日の講演の意味・意義についての話がありました。

南野課長から、『鹿屋市の環境の現状について』というテーマでお話をしていただきました。鹿屋市の環境問題の現状、特に河川、地下水について詳しく説明がありました。

304134_1202931907.jpg


 続いて、行政の環境に対する取り組みや市民・各種団体の清掃活動、さらに今後の展望についてのお話がありました。そして最後に、水質、騒音・振動、悪臭、大気など一つひとつの鹿屋市の環境問題について、行政が考える対策を交えてお話していただきました。

304134_1202932132.jpg


質疑応答ではメンバーからの多くの質問がありました。南野課長も丁寧にお答えしてくださいました。本日の講演、質疑応答を通して行政と私たちがこの環境問題についてある程度の共通認識を持つことができたと思います。

304134_1202932328.jpg


最後に上古殿副理事長から、講師の南野課長への謝辞が述べられました。

謝辞の中で副理事長が、『河川はそのまちの血液である。血液検査をするとその人の体の健康状態がわかるように、河川をみればそのまちの健康状態がわかる。』という、かつて友人から聞いたお話を引用し、現在の九州ワースト1である肝属川が鹿屋市の現状を反映しているのではないかと意見を述べました。

304134_1202932484.jpg

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©社団法人鹿屋青年会議所. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。