上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月11日(水)19:30~鹿屋市中央公民館にて「第9回 ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会説明会」が開催されました。

CIMG1251.jpg

メンバーが各セクションの役割を遂行すると共に、参加者に対してのおもてなしを心掛けることで、来年以降の参加者(リピーター含む)の増加につなげる。

CIMG1256.jpg

CIMG1259.jpg

実行委員長の東久保英昭君より、これまでのツール・ド・おおすみサイクリング大会の経緯、現在の実行委員会の活動、将来へ向けてなどの説明がありました。

CIMG1262.jpg

CIMG1268.jpg

それでは地域に対する経済効果や波及効果は? ということで、会員の皆様から様々な意見をいただきました。

CIMG1272.jpg

指宿菜の花マラソンに参加された方で、参加した印象や感想をいただき今後の展望について参考になりました。

CIMG1273.jpg

CIMG1274.jpg

今後、いかに参加者を増員できるか、ということについても活発な意見がありました。


CIMG1275.jpg

CIMG1276.jpg

CIMG1283.jpg

CIMG1279.jpg

本日、皆様からいただいたご意見を実行委員会に反映させていきたいと思います。

CIMG1278.jpg

本事業は『広域の住民を巻き込んで』『地域活性化を考えていて』『さらに公益性もある』継続的な事業と捉えていただきたいと思います。この事業をモデルとし、運営できる団体や人材の育成をし、他団体に引き継げるよう体制へと導けるよう主管として参画を皆様にお願い致します。

2009年10月14日(水)19:30から鹿屋市中央公民館にて10月例会が開催されました。

PA130002.jpg

内容は、「おおすみ夢フェスタ」を終えての各委員長による3分間スピーチでした。

PA130007.jpg

おおすみ夢フェスタにおいては本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。先日皆様にメールを配信させて頂きましたが、内容の通り大成功だったと思います。ノンクレームでいろいろな方々から今後のJC活動に全面的に協力をしていただくという言葉を頂きました。
開催に至るまでは色々ありましたが、開催をすることで心を一つにしてできたのではないでしょうか。あと3ヶ月ですがもう一度気合いを入れ直してやっていきたいと思います。

PA130010.jpg

アンケート結果を見ると、参加された方々に委員会として訴えたかった事がしっかりと伝わっていたと感じました。
子ども達の発表内容もどれもすばらしく、子ども達の意識の高さが伺えたことは、この会に携わった全ての人にとって有意義な事であったと思います。
名波浩サッカー教室に関しましては、名波さんからも同世代の自分達と過ごして「非常に居心地が良かった」、「また鹿屋に来たい」との感想を頂きました。

PA130012.jpg

講師の中村様のおかげもあり、参加者の方も「よかった」、「今後役に立ちそうだ」、「楽しかった」等のうれしい感想をたくさんいただきました。講師の中村様からも会場の広さに対して参加人数もちょうどよく、今まで沢山の講演を務めてこられましたが、その中でも今回の講演はとても良いものができたとおっしゃってくださいました。

PA130016.jpg

今回の事業は、感想の結果からも分かるように、参加して頂いた方には満足して頂き、良い事業になったのではないかと思います。そのような中で「もっとPRした方が良いです、子どもたちに聞かせてあげたい話でした」などの意見を通して告知の方法を考えなければならないと思いました。体験、経験に「ムダ」はない、努力することが大事、だからこそ、結果より大切なものがある、と講演の中や参加者、メンバ-の声にもあるように今回の反省を活かした人間力育成事業が再び行われることと、進化前進―万事感謝という越本さんの言葉が皆様の心の中に残り続けることを願っています。

PA130018.jpg

全体を通して、子どもから大人までのたくさんの参加者の方々に感動、夢を与える事が出来た事は、今後、一人ひとりが行動を起こす為のきっかけとなったのではないでしょうか。また、今回事業にご協力して頂いた方々、まちを盛り上げようと活動している団体の方々を巻き込み、お互い手を取り合いながら一つの形を作り上げる事が出来た事は、私たちも含め、今回携わった方々への影響力は大きかったと感じます。

PA130021.jpg

今回の「おおすみ夢フェスタ」、担当事業はなかったですが、写真撮影をしながら全部の内容を見ることが出来ました。何ヶ月も前から委員長さん方の準備等や頑張っている姿を見ていたので、感情移入かもしれませんが、客観的に見てもどの事業も素晴らしかったと思います。おおすみ夢フェスタを開催したことは、今後の鹿屋JC運動をする上でもおおきな一歩になったと思います。

PA130023.jpg

おおすみ夢フェスタは無事終わりましたが、次は2009年11月29日(日)に「第9回 ツール・ド・おおすみ eco サイクリング大会」が開催されます。東久保英昭君を中心に準備しております。
今年もあと2ヶ月ですが、最後まで気を抜かずに”無事”に乗り切りましょう!


2009年9月12日(土)13日(日)の2日間、「2009 おおすみ夢フェスタ」が盛大に開催されました。

P9120078.jpg

2日間で約1500人の方が「おおすみ夢フェスタ」へお越し下さいました。

CIMG0914.jpg

まず1つ目の分科会といたしまして、12日の午前10時からリナシティ3階ホールにて「子ども環境会議」が行われました。
「子ども達と共にみんなで考える自然環境」ということで、おおすみ構想委員会 委員長 河野直正君を中心に準備から本番まで行いました。

CIMG0918.jpg

世の中の環境VTRを見て、改めて環境問題について考えさせられました。

CIMG0950.jpg

子ども達が取り組んでいるエコ活動を発表してもらいました。

CIMG0935.jpg

子ども達の発表後その都度コメンテーターからの感想、質問を子ども達に投げかけながら進行しました。

CIMG0989.jpg

鹿屋市の5つの小学校が実際に取り組んでいるエコ活動を発表しました。

CIMG1011.jpg

子ども達が普段取り組んでいる活動をおとな達(観覧者)に見てもらう事で私達おとなが普段の自分達の生活を振り返り子ども達と共に環境について考えるきっかけを作ることができました。
子ども達は環境を考え、活動しています。あなたはどうでしょうか?私たちが目指しているものは
環境面から考えるまちづくりの提案です。今回はアプローチの一つとして「子どもの目線でまちの環境を見つめ直す」そんな事業にしたいと考え開催いたしました。

P9110006.jpg

2つ目の分科会といたしまして、12日の午前10時30分からリナシティ2階ギャラリーにて「愛情いっぱい!絵本の魅力と伝え方」が行われました。
「子育ての中に読み聞かせを」ということで、子ども・心の育成委員会 委員長 加藤俊作君を中心に準備から本番まで行いました。

CIMG0955.jpg

フリーアナウンサー(元KTS鹿児島テレビ放送)の中村朋美氏を講師にお招きし、絵本を愛情を育む一つのツールとして用い子ども達と一緒に楽しむことによって絆が深まり、より楽しい育児ができると考え開催しました。

CIMG0961.jpg

CIMG0977.jpg

事業体験した親子が育児は楽しいものと感じて頂き、親と子の絆がよりしっかりと結ばれることを期待します。

CIMG1018.jpg

「愛情いっぱい!絵本の魅力と伝え方」に参加して、親が我が子と一緒に読み聞かせを行うことでお家でも気軽に愛情のこもった声でのコミュニケーションや愛情溢れたスキンシップが取れる事に気付いていただけたら幸いです。

CIMG0997.jpg

市民ステージ水辺広場では、カレー村、やねだん出展、特産物販売、などでにぎわいました。

CIMG1000.jpg

CIMG1001.jpg

P9120061.jpg

エコ活動にも積極的に取り組むということで、「ゴミの分別」も細かくしっかり行いました。

P9120073.jpg

CIMG1045.jpg

そして、12日の午後14時からはリナシティ3階ホールにてメインフォーラム「夢をあきらめない」が行われました。
鹿屋JC理事長 谷口献児君の気持ちのこもった挨拶から幕をあけました。

CIMG1049.jpg

「Never give up」~可能性は無限大~ということで、心・夢づくり委員会 委員長 飯迫俊詠君を中心に準備から本番まで行いました。

CIMG1051.jpg

第34代WBCフェザー級 世界王座 越本隆志氏 を講師にお招きしまして、講演を通じて自分に何が出来るか一人ひとりが考え、行動する意識を持つべきことに気づいてもらう ことを目的に行いました。

CIMG1057.jpg

参加した方々は、メインフォーラム「夢をあきらめない」を通じて、夢を持つことの大切さ、将来への可能性、何事にも挑戦する心を感じてもらいました。

CIMG1061.jpg

CIMG1069.jpg

講演後、未来ある明るい「おおすみ」に繋げる為「夢をあきらめない」というテ-マでパネルディスカッションを行いました。
パネルディスカッション後も参加者から多くの質問があり、まだまだ聞きたいことはたくさんありました。
メインフォーラム「夢をあきらめない」はすごく良かったという声が多く寄せられております。

CIMG1110.jpg

CIMG1161.jpg

9月13日(日)の午前中に鹿屋市運動公園陸上競技場にて「名波浩サッカー教室」が開催されました。
講師に名波 浩(ジュビロ磐田アドバイザー)氏をお招きし、河野直正君、足立浩一君を中心に  
鹿屋市サッカー協会、鹿屋市教育委員会、大隅NIFS、鹿屋体育大学、NPO法人かのや健康スポーツクラブ、鹿屋市観光協会、の協力があり開催いたしました。

CIMG1122.jpg

CIMG1130.jpg

CIMG1135.jpg

鹿屋市サッカー協会を通じて、市内サッカー少年団、約60名が「名波浩サッカー教室」に参加しました。

CIMG1137.jpg

CIMG1138.jpg

CIMG1145.jpg

CIMG1155.jpg

CIMG1175.jpg

参加者はもちろん、そこにいた方々にはとても貴重な時間でした。

CIMG1191.jpg

13日の午後からは、リナシティ1階水辺ステージにて「坂見誠二杯ストリートダンスコンテスト」が開催されました。
対外プロジェクト委員会 委員長 山下裕亮君を中心に、ecoIsm主催にて盛大に開催されました。

CIMG1189.jpg

「おおすみ夢フェスタ」の発起人である、谷口献児理事長の挨拶で盛大にスタートしました。

CIMG1185.jpg

「坂見誠二杯ストリートダンスコンテスト」はジュニア部門、一般部門に分かれて行われ、多くのストリートダンス愛好家がダンスを披露しました。

CIMG1186.jpg

CIMG1198.jpg

CIMG1202.jpg

CIMG1216.jpg

最後に、ダンスの神様 坂見誠二氏と人気ナンバーワンダンサーISOPP(イソップ)とのダンスコラボは見ている方すべてを虜にしました。ダンスのことが全くわからない方も、びっくりするほどすごかったです!

CIMG1218.jpg

CIMG1113.jpg

12日から13日の2日間本当にお疲れ様でした。
そして、昨年末から長い間、企画、準備本当にご苦労様でした。
また、今回、おおすみを盛り上げたいという思いから協力していただいた各団体、ボランティアの方々には本当に感謝をしております。
分科会、メインフォーラム、市民ステージ、サッカー教室を通して、参加者の方々に様々な形でメッセージを発信し、響かせる事が出来たのではないでしょうか。そして、みんなで手を取り合って一つの物を作り上げる事のすばらしさ、大切さを感じていただけたと思います。
今回、まだまだ反省すべき点もあったとは思いますが、この「おおすみ夢フェスタ」を通して、参加者の方々が行動を起こす為の第一歩になると確信致します。
今回、ご協力をいただいた皆様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

委員長代表 対外プロジェクト委員会委員長 山下裕亮



先日の12~13日に開催いたしました『2009おおすみ夢フェスタ』におきましては、
みなさんの多大なるご協力を頂き、無事に終了することができました。
心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
分科会・メインフォーラム・サッカー教室・市民ステージと盛りだくさんの内容の中
各セクションで役割を実行しているメンバーの姿を見ていて、心強くまた逞しく感じさせて頂きました。
インフルエンザの影響もあり、動員の面では予定通りといきませんでしたが、
それでも、興味と関心を抱いて来てくれた方々が多数いたという事実、
そして何よりも、素晴らしかった・感動した・すごく勉強になった・元気をもらった・来年もやってください等などありがたいお言葉をたくさん頂けたということ、このことが全ての評価ではないでしょうか。
少ない人数で、あれだけのことを行いノンクレームだったということは、素晴らしいことだと思います。
また、協力を頂いた各団体の方からも、『2009おおすみ夢フェスタ』に参加して良かった・楽しかった・これからも何かある時は声をかけてください・JCの事業には全面的に協力します。
等など、今後に繋がる絆が深まったことは間違い無いことだと思っています。
約1年かけてつくり上げて来た事業でしたが、私としては大成功だったと感じています。
みんなで、目的を達成する為に『心を一つ』にできたことに、本当にありがとうございました。

(社)鹿屋青年会議所
第46代理事長  谷口 献児



2009年9月9日(水)19時30分から鹿屋市中央公民館にて9月例会(おおすみ夢フェスタ説明会)が開催されました。

CIMG0863.jpg

まず谷口献児理事長より、おおすみ夢フェスタを開催するにあたって、感謝の気持ち、意義や想い、など様々なお話しがありました。

CIMG0868.jpg

対外プロジェクト委員会 委員長 山下裕亮君から
全体の流れ・役割分担、市民ステージ(ダンスコンテスト)の説明がありました。

CIMG0881.jpg

おおすみ構想委員会 委員長 河野直正君から
分科会「子ども環境会議」、名波浩サッカー教室の説明がありました。

CIMG0883.jpg

子ども・心の育成委員会 委員長 加藤俊作君から
分科会「愛情いっぱい!絵本の魅力と伝え方」の説明がありました。

CIMG0886.jpg

そして心・夢づくり委員会 委員長 飯迫俊詠君から
メインフォーラムであります、「夢をあきらめない」の説明が行われました。

CIMG0870.jpg

すべての説明が終了し、質疑応答に入りました。
活発な質問等があり、それぞれのメンバーが本番へ向けて意識する為のとても有意義な場となりました。

CIMG0901.jpg

 心を一つに~Big Wave をおこす風となれ~

2009年8月21日(金)~23日(日)(2泊3日間)に「活火山ウォーキング~Hot Summer 桜島~」が開催されました。

CIMG0693.jpg

実行委員長の加藤俊作君です。
準備から当日まで、大変良く頑張っておりました。

CIMG0265.jpg

鹿屋体育大学にて出発式が行われ、そこからナイトウォーキングで出発しました。

CIMG0271.jpg

夜道を先導する加藤委員長。

CIMG0305.jpg

休憩ポイントで夜食としてご両親の「手作り愛情おにぎり」を食べて、疲労と眠気と闘いながら頑張りました。

CIMG0315.jpg

CIMG0362.jpg

1日目は、黒神中学校にて宿泊しました。到着したのは朝方の5時前でした。

CIMG0369.jpg

CIMG0374.jpg

おいしい豚汁を食べて、2日目もウォーキング活動を頑張りました。
子ども達は1日目の疲れを感じさせない程、元気でした。

CIMG0408.jpg

CIMG0491.jpg

2日目の夜は溶岩なぎさ公園にて花火観賞をしました。
間近で花火を見て、とてもきれいでした。

CIMG0542.jpg

CIMG0561.jpg

3日目の朝は、溶岩なぎさ公園の清掃活動を行いました。
子ども達が積極的にゴミを拾う姿は、公園に来ていた方も感心していました。

CIMG0571.jpg

CIMG0594.jpg

3日目はさすがに元気だった子ども達にも疲れがきており、エンジンを組んで励ましあいながら最後までウォーキングを楽しんでいました。

CIMG0636.jpg

CIMG0671.jpg

子ども達はもちろんですが、谷口理事長も無事に完歩出来てほっとしました。お疲れ様でした。

CIMG0623.jpg

この度の活火山ウォーキング~Hot Summer 桜島~本研修の参加ご協力、誠にありがとうございます。 沢山のJCメンバー、ボランティアスタッフの方々に助けられ、協力がありましたお蔭で、無事に参加者子ども達がゴールする事ができました。 子ども達を励ましながら、一緒に歩いてくれた方、裏方で会場設営の段取りをしてくれた方、伴走、運搬で全体の流れに沿って付いて来てくれた方、救護として子ども達の体調管理をしてくれた方、誘導で危険箇所を回避してくれた方、その他にも本当に沢山の皆さんのサポートのお蔭です。 ありがとうございました。
 また、リーダー、サブリーダーをしてくれたボランティアスタッフも最終日には自分の受持っている班の子ども達の心を掴み、しっかりとしたリーダー、サブリーダーとしての役目をはたしてくれました。
 まだ、いろいろと対応をしなければならない事がありますが、すぐに動いて一つひとつを精査して確実に終了できるように致します。 本当に皆さんのご協力に感謝しております。
今回の事業を通して、JCの凄さ、子ども達の底知れぬ元気を感じました。 これを自分達でも吸収をして、次につなげられる様にしたいです。
この度は誠にありがとうございました。 心より感謝しています。

 実行委員長 加藤俊作

Copyright ©社団法人鹿屋青年会議所. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。